申し込む前にチェック、カードローン 消費者金融と銀行を比較

今では消費者金融だけでなく、銀行も提供しているカードローンですが、なにも調べずに申し込んでは後に自分の必要に合ってなかったということもあります。申し込む前に、自分の必要とする条件に合った金融機関を探し、決定したいものです。

 

銀行でのカードローンは、「銀行」というだけで信頼でき安心感があるので、多くの人から注目されています。銀行でのカードローンを利用する人の理由の一つは、消費者金融にあって銀行にはない「総量規制」ではないでしょうか。

 

「総量規制」とは簡単にいえば、すべての貸金業者からの借入れ総額が年収の3分の1以内という規定です。銀行はこの「総量規制」対象外ということもあって比較的大きい額を借入れできます。

 

また、金利の低さという点でも銀行のカードローンはお勧めです。

 

例えば、オリックス銀行カードローンの実質年率は3.0%~17.8%となっています。他にも三菱東京UFC銀行は、実質年率4.6%~14.6%となっていてやはり金利は低く設定されています。金利も消費者金融より低く設定されている事や、「総量規制」が当てはまらない銀行のカードローンは人気上昇中のカードローンといえるでしょう。

 

では、消費者金融でのカードローンはどんなメリットがあるのでしょうか。やはり、「スピード審査」「即日融資」が最大のメリットです。

 

銀行では、審査結果がでるまで2日~3日かかることもあるようです。最近ではウェブサイト上でのスピード審査を取り入れ比較的早くに審査結果がでる銀行もありますが、大手消費者金融のカードローンの即日融資には銀行もかなわないようです。

 

このことから、大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフル、モビットは「スピード審査」というメリットを前面に出し営業しています。

 

日常生活を送っていて纏まったお金が必要になったり、思わぬ出費が出たりなど、お金は急に必要になるものです。すぐに、必要なお金が借りたい時、多くの人が大手消費者金融のカードローンを利用しています。

 

銀行のカードローンか、それとも大手消費者金融のカードローンか、必要に合わせ選びましょう。